フェイスイング

目の下にクマやたるみの原因と対策

目の下にクマやたるみがあると、いかにもやつれて見え、若さを感じさせません。
クマやたるみは、睡眠不足や老化のせいばかりではありません。
実は、これにも対人ストレスが、かなり大きなウェイトを占めているのです。

「目は口ほどにものを言う」「目は心の窓」などといわれるように、目はその人の内向を映し出します。

自分の内面を人にのぞかれたくないという人は、人と視線を合わせるのが苦手なはずです。
また、じっと人に見られると、つい視線を外してしまうという大もいるでしょう。

自分になかなか自信が持てない自己評価の低い大は、他人と接することが苦手です。
特に、仕事関係の人やあまり親しくない大と接するとき、恐怖心を覚える人さえいます。

しかし、その場から逃げ出してしまいたい、目をつぶってしまいたいと思っても、そうはいかないのが現実。
嫌でも目を開けていなくてはなりません。

目は対人関係において、重要な役割を果たす場所です。
自分に自信がない人、他人と接するのが苦手な人は、目の周辺が緊張して筋肉がこり固まってしまいます。

その結果、血行が悪くなってクマが生じやすくなります。
また、目の下の皮膚はたいへん薄く、ゆがみやすいために、たるみも生じます。

このようなトラブルを解消するには、目の周辺の緊張を解くことがなによりもたいせつです。
目の周りを緩めておけば、人と接してストレスを感じても、目にりえるダメージを緩和することができます。

解消プロセス

① ほお骨のいちばん高い所に、両手の人さし指、中指、薬指を当て、そのまま揺らしながら10秒間ほぐします。
深奥に振動が染み渡って届く感じを味わってください。

② 両手の人さし指をまゆ頭に当てます。
そのまま鼻のわきを通って、ほお骨の下縁に沿うようになで上げ、最後は耳の手前まで指を滑らせます。
下あごの力は抜きましょう。
5回行います。

EYE美人

Return Top